双極性障害についての正しい理解と治療方針について

薬物療法

双極性障害の治療には薬が利用されますが、これは抗精神病薬、気分安定薬、抗うつ薬などに分類されます。
まず、気分安定薬といわれているものにはリーマス、テグレトール、セレニカなどがあります。これらの薬を服用することにより、精神状態を安定させて気分が上がったり下がったりすることを抑えてくれます。
2つまたはそれ以上の種類を組みわせて利用することが多く、自分の体との相性を確認しながら医師と相談の上服用します。

次に抗精神病薬ですが、こちらの薬も同様に気持ちの振れ幅を緩やかにしてくれる薬です。躁状態にある精神を鎮める効果をもっており、とんぷくのように利用している人もおります。
抗鬱剤は定番のうつ病治療に利用する薬であり、トリプタノール、アモキサンなどがあります。あまりにも気持ちの落ち込みが激しいときに服用します。
双極性障害は躁状態が最も危険とされていますが、うつ状態になったときの沈みかたが酷ければ、躁状態に転換したときの上が利用も大きくなってしまいます。ですから、躁だけでなく鬱状態にある場合にも気持ちの振れ幅を調整する必要があるのです。